ビルベリーを栽培したい!苗はどこで手に入るの?
目に良いビルベリーサプリの効果を徹底検証!
目に良いビルベリーサプリ比較HOME » ビルベリーが”目”に効果的ってホント? » ビルベリーを栽培したい!苗はどこで手に入るの?

ビルベリーを栽培したい!苗はどこで手に入るの? 

日本でビルベリーを育てることはできるのか?

ビルベリーを育てることはできるのか・・・

ビルベリーが手に入りにくくなってしまうなら、いっそのこと自分で育ててみたらどうだろうとかと考え、ビルベリーの育て方をネットで検索してみたところ、日本でもビルベリーの苗が手に入り栽培できるような記事がありました。

しかも、ビルベリーは寒さに強く比較的育てやすいという情報も記載されていました。しかし、次に読んだ記事には日本で売られているビルベリーの苗は同種だがアメリカ産のものがほとんどと書かれていました。 一体どういうことでしょうか?

ここでは、北欧産とアメリカ産のビルベリーはどのように違うのか、また日本で育てることが出来るのかどうかお話しします。

日本で販売されているビルベリーの苗はビルベリーじゃない?

ビルベリーを育てたいと思っている方もいるかと思いますが、現在日本で北欧産ビルベリーの苗を手に入れることはできません。

通信販売、ホームセンター、ネットショップなどでビルベリーと称して売られている苗はアメリカ南部の野生種ワイルドブルーベリーがほとんどで、北欧産ビルベリーではありません。しかも、アメリカ南部の野生種ワイルドブルーベリーは、北欧のビルベリーとは全く異なり、観賞用のブルーベリーにしかなりません。

北欧産のビルベリーは強靭で寒冷地に強くマイナス30度くらいまで耐えることができます。しかし、土の乾燥には弱く、常に水やりが必要で、実がなるまで2~3年かかります。ヨーロッパの亜寒帯気候の森林にしか自生せず、北欧でもビルベリーは人口栽培が難しくなっているため、苗が日本で販売されていません。

サプリメントで摂取したほうがいい

ビルベリーはサプリで摂取するといい理由

自分で育てることができないのであれば、どのようにビルベリーを摂取したらいいのでしょうか?

やはり、サプリメントがおすすめです。ビルベリーに含まれるアントシアニンは、ビルベリーだけではなくブルーベリー、ブドウ、紫キャベツ、ナスなどの様々な植物に含まれており、食品から摂取する事が出来ます。しかし、サプリメントから摂った方が、とても効率的です。

アントシアニンの効果が期待できるのに必要な1日のアントシアニンの量は、約40mg~90mgだと言われています。その量を食品や加工品で摂取すると、以下の様に量はとても多くなります。

  • 生のブルーベリー・・・約45g~100g
  • 生のビルベリー・・・約9g~20g
  • ブルーベリージャム・・・約90g~200g

このように効果を得るためには、毎日大量に摂取する必要があり、金額もサプリメントほど安くありません。また、北欧に自生している野生種のビルベリーの実を、日本で手に入れる事も簡単ではありません。

このような理由から1日に必要なアントシアニンの量を手軽に摂取する事が出来るブルーベリーサプリは、コストパフォーマンスが高く、重宝されています。

>> アントシアニン豊富な北欧産のビルベリーサプリをチェック! <<

 

 

 

 

運営者情報

Copyright © 2017 目に良いビルベリーサプリの効果を徹底検証! all rights reserved.